お知らせ

命名するときのしつこさについて

サイトの名前を命名しました

MEIMEIです。
ダジャレではありません。
私は個人事業主で、ひとり社長です。言い換えると、フリーランス。
この働き方をする人だけではないですが、フリーランスは自分の性格をよく知っていないと働けません。
働き方以外に、それぞれ銘々が自分のことを知るきっかけにしてほしいという思いもあって命名しました。

名前を考えるツールはメモノートが向いてます

命名するときは、パッと出るときもありますが、しつこく考えるときもあります。
今回はしつこく考えました。
しつこく考えるときは、EvernoteやA4用紙ではなく、メモノートが向いています。
どこにいるときも開いて書いて、見続けます。

サイトの特徴に合わせた名前の付け方

考える中で、サイトの付け方について、私なりのルールが出来上がってきました。
ブログのタイトルをつけるときは、SEOより気分を表す言葉、覚えてもらいやすそうな単調な言葉を織り交ぜるとよいように思います。SEOはそれぞれの記事で勝負。
だから、ある程度広がりがある名前にしています。
一方、サービス提供をするサイトのタイトルをつけるときは、覚えやすく、何のサービスかわかりやすいものがいいです。「足つぼマッサージ本舗」とかですね。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ