お知らせ

リラックスして鍋を味わうこと

この秋になって二度目の鍋料理をいただきました。

鍋料理だと、熱いので、あわてて食べてしまう。

普段通りにあわてて食べると、顔がかなり緊張していることに気づいた。

顔の緊張をといて、落ち着いて食べていると、目が飛んでいると思われたらしく、心配された。

いやいや、大丈夫だから。

最近は、体の緊張をテーマに考え続けている。

特に顔の緊張は、体に不調をきたす原因となるが、自分で自覚することが難しい。

顔が緊張している時は、何かを無理して頑張っている時だ。何かしている最中なので、自分の緊張度なんかに気が向いてないのだ。

でも、鍋を囲んでいる時に緊張しているなんて、気がつかなかった!

あなたの鍋の緊張度は、どうですか。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ