お知らせ

嫁に仮想通貨を説明するチャレンジ

坪田先生の人間は九タイプの影響もあって、最近は性格別にわかりやすく伝えることをテーマに遊んでいる。

きょうは、嫁に仮想通貨をわかりやすく伝えるチャレンジ。

図を描いたり、身振り手振りで伝えたりしてみている。

ブロックチェーンに至る説明で、「ブロック」の話が唐突すぎたのか、嫁の頭から煙が出るのをみた。それから話は少しそれ、円高、円安を伝える段階でついに火事になってしまった。

火消しのためにお皿を拭くのを手伝う。何がいけなかったのだろうか。

説明するときは、やっぱり図を描いたほうが伝わりやすいよね。あとは、数字を多用したほうがいいこと。イメージを邪魔する言葉を使わないこと。

そもそも、マイニングやブロックチェーンの話をするより、この先何に使えそうかって話の方がよかったのかな。

明日は薩長同盟をわかりやすく伝えるのをチャレンジ!

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ