行動を起こさせるもの

NO IMAGE

セミナー会場があんまりだったので、会場まで行ったけど参加するのをやめた。

帰って「無駄な1日だった」と嘆いたら、嫁さんに怒られた。

そんなことないという。

そんなことないのかもな。

考えを改めて、どうしたら無駄ではないかと考えることにする。

確かに振り返ってもひどい会場だった。外れには違いない。

どうしたらその外れを乗り越えられるか。

Iさんのことが頭に浮かぶ。

Iさんは人間性としては、正直、評判が良くない。しかし仕事がむちゃくちゃできる。

ついでに言うと、周りとの衝突が平気な人だ。多分「人間性?なにそれ。オレ、仕事できるし、人間性いいに決まってんじゃん」と笑うだろう。

でも、彼の考えで好きなところがある。

それは、失敗をカウントしないところだ。

これをやると決めたなら、確率は関係がない。うまく行くまでやるだけだ。

仕事だけじゃなくて、たとえば何回振られるかも、おそらくカウントしていない。うまく行くまでアタックするだけだ。

何かをするまでには、当たり外れは関係がない。当たりが出るまで続けるだけ。

外れたら、次のくじを引くだけだ。

それがIさん。

私はIさんのようにはなれない。ライフスタイルが違いすぎるしね。

でも、身近なところから、確率を考えない考えを取り入れてみようと思う。

融資のセミナーはあやしい人ばかり。それでも、いい先生に当たるまで受け続けるだけだ。

そう考えれば、外れたこともどうでもよくなる。

お知らせカテゴリの最新記事