読み始めたらなんでも面白い

NO IMAGE

産業廃棄物処理について、本を読んでます。

産業廃棄物は処理技術が進み、
その5%が埋め立てられていますが、
逆に言うと産業廃棄物の95%は処分の前に処理され、
リユース、リサイクルされるなどして、
ごみを減らす工夫がされているということになります。

もっとダダ流しのイメージがあったので、
素直に、よくやっているなと思いました。

今まで見ることのなかった機械やトラックの話も面白い。
深ダンプを、「ふかしダンプ」と読むのも初めて知りました。

「面白い」という状態になったのは自分でも意外でした。
本は、読み始めたらなんでも面白いのですね。

読書感想カテゴリの最新記事