行政書士 読書感想

できるだけ対象を絞り込む 合格る技術

勉強をするときは、何を、どのようにするか決めておいたほうが、その学習が速くなる。
自分なりの勉強法を確立しておいたほうがいい。

アメブロでもブログをやっている宇都出雅巳さんの「合格る技術」は、
・時間をムダにしないように繰り返す内容を決めておく。
・アウトプットから始めて、わからない状態を意図的に作る。
など、脳の生理学的に納得ができる勉強法が紹介してあります。

デジハリの卒業制作もそうですが、漫然と勉強することでは結果は出ないです。
そして、ただ気合を入れることは、漫然と勉強することと同じことだと考えます。

「合格る技術」は、漫然と努力しない工夫が満載の本です。s

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-行政書士, 読書感想