補助金情報 起業

フリーランスのウェブデザイナーも、小規模事業者持続化補助金を事業に取り入れてみよう

小規模事業者持続化補助金は通常枠でも50万円を補助します。
補助率は2/3ですから、
75万円のウェブサイトを作る補助事業が採択されれば、
50万円を国が補助してくれます。

フリーランスであっても提案してみてはどうでしょう?
補助金の申請は事業計画を分掌や図で作成する必要があり、難易度が高いですが、
HTMLやCSSやJavaScriptで論理的にデザインを形成していくのは、
補助金申請よりも難しいと思ってます。

ウェブデザインでフリーランスを続けていける論理的思考能力があるのなら、
補助金も取り入れてみたら?と思います。

私から見たら、補助金申請の事業計画を作るよりウェブ制作の方が何倍も大変です。

単価の高いウェブサイトの提案が出来るようになれば、
課税事業者になって、インボイス制度に負けない体制を作るのも夢じゃなくなります。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-補助金情報, 起業