アドラー心理学 心理学

映画のような余韻。NHK100分de名著 人生の意味の心理学

2016/02/28

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著) (岸見一郎著)
は、アドラー心理学の理論をストーリーに仕立てた素晴らしい構成です。

アドラーの5つの基礎概念(自己決定性、目的論全体論、認知論(現象論)、対人関係論)は、大事な理論で、度の本でも最初のほうに出てきます。
こういった理論の話をすると講義のようになりますが、この本ではそうはしません。理論は、ストーリーの中で体系化することなく紹介しています。
ケースワークのような話と、常識離れしたアドラーの解釈をひたすらセットでたたみかけていて、これでは面白くならないはずがないです。

最後、共同体感覚の大きな話に広げて、余韻を持たせて終わるのが、100分de名著らしく、映画のようなエンディングでした。

ブログの購読方法について

-------------------------------------------------------------------------
■ブログ「site316.com」(管理人 坂本倫朗)は、次の方法で購読できます。
・Facebook(Facebookにブログの更新情報が流れます。)


・Twitter(Twitterで更新情報を受け取れます)
https://twitter.com/sakamotomichiro
-------------------------------------------------------------------------

-アドラー心理学, 心理学

よく読まれている記事

1
性格、人格、気質の違いについて

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が ...

2
これからどうするか 幸せになる勇気

「嫌われる勇気」の続編、「幸せになる勇気」を読みました。 アドラー心理学が掲げる ...

3
【アドラー心理学】ありがとうと言えない人は、予測して心配することをやめてみる

とても忙しく過ごして、ようやく時間ができたので、「君の名は。」を夫婦で観てきまし ...