ひとりで働く人のアドラー心理学 行政書士

これからどうするか

アドラー心理学は、その人の思考パターンを読み取るために、
過去のことを傾聴しますが、それは情報収集のため。

現在よりも、過去よりも、とにかく現在に強い焦点を当てます。
「これから、どうしたいか」
ということです。

今のこの境遇を嘆いて、
周囲に理解してもらうことを求めるより
これからどうするかに焦点をあてます。
過去の延長で不遇になったかもしれませんが、
もうそれは過ぎてしまったんです。
変えられない、過去の話なんです。

・・・私も、今そんな時期だな。
いやータフな状況だな。

「これからどうするか」
私も、過去を忘れ、アドラーに倣って、現在のみに焦点を当てて考えます。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 行政書士