ひとりで働く人のアドラー心理学 行政書士

これからどうするか

アドラー心理学は、その人の思考パターンを読み取るために、
過去のことを傾聴しますが、それは情報収集のため。

現在よりも、過去よりも、とにかく現在に強い焦点を当てます。
「これから、どうしたいか」
ということです。

今のこの境遇を嘆いて、
周囲に理解してもらうことを求めるより
これからどうするかに焦点をあてます。
過去の延長で不遇になったかもしれませんが、
もうそれは過ぎてしまったんです。
変えられない、過去の話なんです。

・・・私も、今そんな時期だな。
いやータフな状況だな。

「これからどうするか」
私も、過去を忘れ、アドラーに倣って、現在のみに焦点を当てて考えます。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 行政書士