フリーのスキル

即時対応に応じながら、安く見られないように専門性を追求しよう

フリーランスをやっていくには、自分のルールを作っておかないと身を壊します。
私も自分のブログのプロフィールに「しないことリスト」を書いてます。

先のツイートについては、ほぼ同意件ですが、
「即時対応には応じない」というのは、少し異論があります。

相手の担当が若かったらしょうがない面もありますが、
こちらの都合を考えず、仕事をコントロールする力もないまま
すべてのメールに【大至急】とつけてくるような人と仕事をしていると、
こちらの身が持ちません。
こんな方とのお仕事は一度きりにしたいです。

しかし、だからといって、「本当に」急いでいる相手の依頼をむげに断ってもいけないと思います。
困っている人を見過ごすのも、後味が悪いです。
(先ほどのツイートも、質の低いお客さんへの予防線として書かれたんだろうと思いますけどね。)

こちらの時間に敬意を払ってもらえない人と取引をやめて、
それでも仕事の依頼を受け続けるようにしていくには、
やっぱりスキルの高さが求められますよね。

特別高いスキルは無理だなと思うのなら、
納品のスピードとか、
正確性を追及することですね。

フリーを続けていくのなら、
替えの利かない人間になって、
本当に感謝されるような仕事をしていくしか道はないんだと思います。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-フリーのスキル