読書感想

戦う姿勢が好きな人間に進める本。「努力の選び方」(井上裕之)

自分に似たタイプの作家の本を持つのがよい、と前に書いた。
井上裕之さん著の「努力の選び方」は、
正義を重んじる、戦って勝つのを由とする人が書いた本だな。という印象を強く持った。
力があり、人を引っ張っていくひとが書いた本だ。

とにかく何かひとつでも勝てるように準備します。
背伸びしなければ成長なんてできっこないのです。
大物を食えたら、さらなる大物を求め、高いステージを求めます。

とか、

結果を出すことでしか、満足した仕事人生を生きることは出来ません。
私は、投資した分「絶対に成功しなければならない」、というエネルギーに変換して結果を出し続けたのです。

とか、とにかく熱い。人生を燃焼したい人に。

そのような気質のひと(エニアグラムタイプ8番)、または、そのような性格を目指すと好転する知識を重んじるひと(エニアグラムタイプ5番)におすすめする。

エニアグラムで、自分のタイプをみてみたいかたはこちら

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-読書感想