IT IT効率化

misocaで契約書送ったら30分ぐらい時間が短縮した。

今更ですが、弥生会計のmisocaを使いました。

衝撃の簡単さでした。

30分というのはストップウオッチで時間を計ってみたので確かです。
一年間無料で、無料の範囲で郵送してくれるので助かります。
もちろん、選んだサービスのグレードごとに、毎月の上限数はありますので注意。

同じ場所に二通の請求書を同時に送るということができなかったのだけ改善の余地があるように思いました。

すでに普及しているものを「忙しい」という理由で試してこなかったことを真剣に反省しています。
忙しいを理由に新しいものを試せないようになってしまうと、逆に時間をなくしますね。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-IT, IT効率化