WordPress ブログ

ウェブサイトの記事も、まず口説いてみないとわかりません

IT業界で働く、「ひとり社長・フリーランス」の法務アドバイザー、坂本です。

このブログは毎日更新しています。

毎日書きながら、常に考えている公式があります。

X+Yを考えながら書く

ブログのコンセプトは、書きながら、少しづつ変わっていってます。

自分の役に立つことと、人の役に立つことの二つを考えます。

このことは、島田紳助さんが、NSCでの伝説の講義で話した(とされる)内容から教わりました。

お笑いの公式は

X+Y

Xは自分のやりたいこと。

Yは世の中の変化。

Yは、わたしの解釈では、つまりは求められる空気のことだと思います。

書きながら決めていく

自分は何がしたいかと、まわりの人が何を悩んでいるのか。

お笑いだけではなく、フリーランスにとっても、この二つのことが必要です。

でも、最初に二つともわかる方がおかしいのです。Yは、相手がいることです。

二つが完成るまで書かないなんて、普通のわたしには無理ゲーです。

だから、毎日書きます。

好きに書くしかありません。そして、書くと反応があります。

反応を見ながら考えます。

行政書士のサイトも変わります

わたしの行政書士のサイトも、考えながら作っています。

わたしは「学ぶこと」を人生の最重要課題としています。

お客さんと勉強して、ともに成長していきたいと言う気持ちは変わりません。

でも提供する内容は変わっていきます。変わっていくのはブログと同じ理由です。

行政書士の仕事は多すぎて、一人で全ジャンルをカバーするのは無理です。

誇りを持って仕事をしたいので、「求められていることを何でもやります」的な姿勢は見せたくありません。それでは、他の行政書士と差別化が図れなくなってしまいます。

かといって、自分だけのことだけ考えていても、誰からも望まれない仕事スタイルを作ってしまうかもしれません。

口説きながら考えるんです(笑)。

ふたつのバランスが大事。そのバランスは、走りながら考えるしかないんですよねー。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-WordPress, ブログ