ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

映画のような余韻。NHK100分de名著 人生の意味の心理学

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年2月 (100分 de 名著) (岸見一郎著)
は、アドラー心理学の理論をストーリーに仕立てた素晴らしい構成です。

アドラーの5つの基礎概念(自己決定性、目的論全体論、認知論(現象論)、対人関係論)は、大事な理論で、度の本でも最初のほうに出てきます。
こういった理論の話をすると講義のようになりますが、この本ではそうはしません。理論は、ストーリーの中で体系化することなく紹介しています。
ケースワークのような話と、常識離れしたアドラーの解釈をひたすらセットでたたみかけていて、これでは面白くならないはずがないです。

最後、共同体感覚の大きな話に広げて、余韻を持たせて終わるのが、100分de名著らしく、映画のようなエンディングでした。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学