リーダー的存在の役割について

NO IMAGE

第100回目の甲子園が、大阪桐蔭の二度目の春夏二連覇で幕を閉じました。

久しぶりに見たー、甲子園。

金足農業のヒーロー、吉田輝星は、決勝にはもう投げる力が残ってなかったことが、5回、6回の困惑した表情から伺えました。

野球は、チームスポーツです。

チームスポーツは、アドラーでいう共同体感覚を学ぶには、ぴったりの修練の場と思います。

私が吉田選手だったら、というか、そもそも私にあんなガッツはないんですが、もしエースという立場だったらどうするか、考えました。

自分がどういった選択をすることが、チームによい結果を与えると思うでしょうか。

吉田選手が野球帽のつばに書いてあった言葉を見ましたか。そこには、「マウンドは俺の縄張り」と書いてありました。

その言葉を見たとき、吉田選手の判断では、絶対に自分は弱音を吐かず、力を出し切ることによって限界以上の力が出ることを期待したのではないかと思ったのです。

選手層の薄い金足農業においては、他の選択肢はないように思えました。

だとすれば、どんな逆境でも、そして負け試合だとしても、チームを鼓舞する姿勢を見せることが、チームの中でエースがやることではないかと、私も考えたのです。

チームの大黒柱は、ピンチの時や負けているときに真価を問われます。

負けている状況で精神的支柱の役割を引き受けることは、とんでもなく難しいことです。周りの大人にも、そんな人いないよね笑。

負けるときは人生においては何度も起こり得ます。リーダーは、負けているときに希望を与える存在です。「なんとかなるかもしれない」と思わせる存在です。吉田選手は、その役割を果たせたのではないでしょうか。

甲子園も終わったし、今年の夏ももう終わりですねー。

ひとりで働く人のアドラー心理学カテゴリの最新記事