ブログ更新を毎日続けたい人に、ブログ記事作成を爆速にする方法を教えます

ブログ更新を毎日続けたい人に、ブログ記事作成を爆速にする方法を教えます

ひとり仕事を波及させるにはブログが大事

ひとりで仕事をするには、発信が必要です。

私は、行政書士という仕事をしています。
行政書士というのは耳慣れない人もいるかもしれませんが、
「許認可申請」というのが主な仕事です。

建築・運輸系など仕事の幅が広いですが、一生会わずに済む人がほとんどかもしれません。

一般的な人がお目にかかるとしたら、おそらくは

  • お店を始めたいとき
  • 会社を始めたいとき
  • お店の食品販売許可をとるとき
  • お酒を販売するときの許可をとるとき

こういった手続きを代行するときです。

そう、基本的には、誰かが何かを始めるときのお世話をする仕事をしています。
知ってもらわないとお世話のしようがないので、ブログを使って発信しています。
そんなわけで、私はこのブログと行政書士のブログを運営しています。

たくさん書くためには余裕が必要

私はこのサイトのブログは毎日書くようにしています。

お世話をする仕事をしていることを波及させていこうと思っているし、
自分のPRだけでなく、ブログでもお世話をしたいのです。
その方がノウハウがたまります。

なるべくひとりで働く人の人にとって役に立つ記事を書いています。

ブログはたくさん書きたいですが、楽に書けないと続きません。
だから、空いている100%の時間を使うのではなく、70%にして、
残りの時間ではもっと工夫できないかをのんびり考えます。

そうやって今までのんびり考えた方法を、お教えします。

ブログをすでに書いている人向けの話になってます。
これから始める人は、便利そうなところだけ参考にしてください。
ScribeFireとマークダウンは簡単に試せるのでやってみるといいですよ。

ブログの執筆を楽にする方法

ブログを楽に書く手順2018

わたしが今やっているブログの流れを書くと
(1)BrackesというエディタでEmmetを使ってHTMLを書く

(2)ScribeFireにHTMLを張り付ける

(3)Photoshopのアクションで画像処理を一気に行う

(4)ScribeFireに画像を張り付ける

(5)更新、チェック
というながれです。

HTMLの記述を速くする。

WordPressの編集画面は表示させるまでが遅いのでいやです(!)。
その点ScribeFireというChrome/Firefoxの拡張機能が便利です。

ページを表示していきなり書き始められます。
速くて、すごくいい。

しかし、ScribeFireには、機能の拡張ができません。
ScribeFireには、マークダウン記法が使えますが、私はEmmeという表記方法も使いたい。
Emmetという表記方法が、爆速だからです。
WordPressのエディタを主に使っている人は、WordPress用Emmetプラグインを試してもいいかもしれません。

ついでに言うと、ライブプレビューを使ってコーディングがしたい。
だから、Emmetが使えるBracketsというエディタを使って編集して、できたHTMをScribeFireの<HTMLビュー>に張り付けています。


Brackets

ちなみに、ScripbeFireにHTMLを張り付けるときは、<br>は書かなくても見た目どおり改行してくれます。

画像の処理を速くする。

撮影した画像も、ダウンロードして使用する画像も、
ブログに掲載するには大きすぎます。
だから、縮小して使う必要があります。

私は画像を一個ずつ縮小するのが嫌なので、
Phtooshopのアクションでまとめて処理します。
そのアクションのスクリプトは、こちらにおいてます。
jsxの使い方は、こちらです。

すっかり技術ブログみたいになってますが、許してくださいませ。

そうして出来上がった小さいサイズの画像をScribeFireに載せています。

時間を計測する

最後に時間計測です。
急いで書かないと、時間は無限に過ぎます。
だから締め切りを用意します。
書いた後でのんびりするための、締切りです。

時間を計測する方法は何でもいいと思います。
私は以下のサイトを使っています。
Countdown Timer – Countdown
ブラウザのタブ欄に時間が出るので便利です。

IT効率化カテゴリの最新記事