お知らせ

ブログ記事で書き間違いをしないためのアイデア

このブログではよく書き間違いをして、嫁さんから訂正依頼が入ります。

契約書の業務では気を使っています。
ブログでは・・・勢いで書いてますね。

行政書士になったときに教えてもらったことですが、
文書でケアレスミスを減らすための基本は「読み上げ」と「ダブルチェック」です。
Wordも、ある程度間違った箇所を指摘してくれるのでダブルチェックに使ってます。

ブロガーの中には、「多少は入力間違いをしていても、すぐ出す、どんどん出すというライブ感が大事」
という人もいますが、

書き間違えをすると、あほっぽく見えるのは否定できませんね。

たとえば「そんなときは慌てずに」を、
「そんときは慌てずに」と書いたりすると、とても恥ずかしい。
慌てているのはお前だろうと。

ブログで書き間違えないために何をすればいいでしょうか。

日本語校正サポート

少し便利だなと思ったのが「日本語校正サポート」という、ウェブ上のサービスです。

Yahoo!APIを利用した文章校正サービスだそうで、無料で使えます。

試してみると、使ってはいけない言葉や使うべきでない言葉を指摘してくれました。
この文章だと、「あほ」「お前」などは使っちゃいけないと言われました。
Wordのように「日本語として自然か」ということは見てくれないようです。

それでも、自分では気が付かない点を指摘してくれますから、第三者の目として、有効です。

Wordをブログエディターにする

Wordでブログを書いて、そのまま投稿することもできます。

【参考記事】

Wordで記事を書いてWordPressへ投稿、下書きとして発行も

この方法だと、Wordの自動校正がつかえるので、へんな打ち間違いは減るはずです。
しかし、ScribeFireと比べると、Wordが起動するまでの時間に若干ストレスがあるかな。と感じます。

読み上げてみる

やはり基本は読み上げですね。
このブログ記事も、いくつかすでに間違っていて、なおしました。

時間がかかる方法ですが、効果が高い。そして無料です。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-お知らせ