日本語

加賀美幸子さんに、朗読の芸のすごさを知らされる

相変わらず、一分間朗読をやっています。

活舌が悪いのが脳に染みついているらしいのと、
聞きやすさをキープするには一定のトレーニングを要求されることがわかってきました。
毎日少しずつ良くなっていくというものではないようです。
油断すると、前の聞きづらい声に戻ってしまっている自分がいる。

NHKの無料動画で、加賀美幸子さんが小説を抜粋して朗読いるものをみた。
僕が今日知った加賀美幸子さんは、僕が知らなかっただけで、ずーっと、朗読の名人、朗読の加賀美と言われていた人だ。
今は、なんでも無料で見ることができて、つくづく良い時代だ。

シュート2万本をまだ打っていないのに、
名人のすごさを知った気になる。

朗読の音程の上げ下げは、創造性が高く、
決まりがないように思う。

文節で区切ったときに、独創的な調子でも、
息の運び方次第で自然に聞き取れる。

登には高い山だ。
僕は山のふもとで、顔の筋肉の老化にあらがっている。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-日本語