日本語

朗読から、思い切って失敗することを学んだ

しつこく一分間の朗読をしています。
楽しい。

うまく発声する落としどころを探すより、力の加減で、声がどう変わっていくかを試してみようと思って、
全力で息を吸ったり、全力で顔筋を動かしたりして試しています。
その様子は、気が向いたら公開します。気が向いたらね。

私にとって、ちょっと試してみること自体は、それほどワクワクすることではない。
極端を試してみたり、うろうろすることが楽しく、ワクワクすることなんだと思う。
一分間朗読も、本の通りにやったら、たぶんすぐあきる。
(まだ魚住さんの本読んでないけど)

気楽な朗読と違って、普段の事業では、外すわけにはいかないから、KPIとかPDCAとか考えながら仕事をする。
ネット広告で100万単位の思い切った広告費を出したら、うちの事務所はつぶれてしまう。
だけど、慎重な方法を選び続けていることで、極端なことを考えられなくなっていたんだなあ。

うろうろしたほうがいい時期もあると思う。
ピアノだったら座って弾くものだけど、立ったまま弾いてみたっていい。
上達の道から外れて、寄り道することになるので、すぐに上手くはならないかもしれないけど、
それでピアノが好きになるんだったら、その方がいいと思う。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-日本語