日本語

発声のYouTubeビデオのことと、音声認識のこと

朗読の研究は、今は、発音に傾いている。
今日はYouTubeで母音についての映像を見た。

先生の名前は不明だが、チャンネルは「ココウィズちゃんねる」という。
とてもわかりやすく、良い先生に巡り会ったと思う。
声や活舌に悩む人は多いのは、容易に想像がつく。
良い仕事をしているなあ。

その他に滑舌の本も何冊か読んだが、それらの本には早口言葉がたくさん載っていて、
これらの本は理論的とも実践的ともいえず、参考にしてはいけないと感じた。

僕は、今までサボってきた自分の声に向き合うことをしている。
やっていることは、良い文章を読んで、その自分の声を録音しては聞くことの繰り返し。
最初は自分でもトホホと思うほど聞きづらかったが、
始めた頃とすればずいぶん聞きやすくはなっていると思う。

朗読の題材としている生物と無生物のあいだは13ページ目から読み始めて今16ページまで来た。
この調子だと読み終わる前に一生が終わってしまうかもしれない。まぁそれでもいいか。

ところで今日のこのブログの記事はiPadの音声認識による入力を行っている。
はじめての試みだ。
ある程度言うことが決まっている場合は、キーボードからの入力より圧倒的に速い!むちゃくちゃ速い!
てんと読めば読点を打つし、かいぎょうと読めば改行してくれる。
いつの間にかすごく精巧になっている。
なんで今までやらなかったんだろう。
もうキーボードには戻れないと言うくらい速い!
ぜひ試してみて欲しい。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-日本語