日本語

発声のYouTubeビデオのことと、音声認識のこと

朗読の研究は、今は、発音に傾いている。
今日はYouTubeで母音についての映像を見た。

先生の名前は不明だが、チャンネルは「ココウィズちゃんねる」という。
とてもわかりやすく、良い先生に巡り会ったと思う。
声や活舌に悩む人は多いのは、容易に想像がつく。
良い仕事をしているなあ。

その他に滑舌の本も何冊か読んだが、それらの本には早口言葉がたくさん載っていて、
これらの本は理論的とも実践的ともいえず、参考にしてはいけないと感じた。

僕は、今までサボってきた自分の声に向き合うことをしている。
やっていることは、良い文章を読んで、その自分の声を録音しては聞くことの繰り返し。
最初は自分でもトホホと思うほど聞きづらかったが、
始めた頃とすればずいぶん聞きやすくはなっていると思う。

朗読の題材としている生物と無生物のあいだは13ページ目から読み始めて今16ページまで来た。
この調子だと読み終わる前に一生が終わってしまうかもしれない。まぁそれでもいいか。

ところで今日のこのブログの記事はiPadの音声認識による入力を行っている。
はじめての試みだ。
ある程度言うことが決まっている場合は、キーボードからの入力より圧倒的に速い!むちゃくちゃ速い!
てんと読めば読点を打つし、かいぎょうと読めば改行してくれる。
いつの間にかすごく精巧になっている。
なんで今までやらなかったんだろう。
もうキーボードには戻れないと言うくらい速い!
ぜひ試してみて欲しい。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-日本語