日本語

一つの音を丁寧に扱うこと

朗読を扱ううちに、
活舌の森に迷い込んでしまいました。

活舌についての本を読むと、たいてい大量の早口言葉を紹介してありますが、
おおよそ見当がつきます。
この通りにやってはいけません。
幹となる方針のないコンテンツは、三流なのです。

場当たりで場数を踏むのも、もちろん効果は出るのですが、
大人を動かすには指針が必要なのです。

しかし、どんな本でも気づきは得られます。
今日読んだ本で、「その視点はなかった」というものがあります。
一つ一つの音を丁寧に扱うということです。

目を瞑って、一つの音を丁寧に読むこと。
明日から心がけたいと思います。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-日本語