日本語

一つの音を丁寧に扱うこと

朗読を扱ううちに、
活舌の森に迷い込んでしまいました。

活舌についての本を読むと、たいてい大量の早口言葉を紹介してありますが、
おおよそ見当がつきます。
この通りにやってはいけません。
幹となる方針のないコンテンツは、三流なのです。

場当たりで場数を踏むのも、もちろん効果は出るのですが、
大人を動かすには指針が必要なのです。

しかし、どんな本でも気づきは得られます。
今日読んだ本で、「その視点はなかった」というものがあります。
一つ一つの音を丁寧に扱うということです。

目を瞑って、一つの音を丁寧に読むこと。
明日から心がけたいと思います。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-日本語