大きな息と、メリハリと、リラックスが必要

NO IMAGE

昨日からはじめた「1分だけ朗読」を、今日もやります。

1分で読める量を朗読し、それをEvernoteで録音して、聞くだけです。

1分間に320文字程度しか読めないことに、気づきました。
そして、自分の活舌が、自分のおもっているより数段、悪くなっていることに気づかされました。

どこが悪いか分析すると、

・ラ行が全滅に近いこと
・鼻濁音につながる音にメリハリがなく汚いこと
・語尾まで息が続かないこと

です。もっとあるだろうけど、特にひどい点を書きました。

普段から、私は、しゃべるときに緊張が強いと認識しています。

極端に活舌をよくするということもわざとらしく、少し探った結果、
大きな息と、メリハリと、リラックスが必要というのが分かりました。
つまり、元気そうにして話すことです。

しらずしらず、元気な声=美しいものとして、自分の基準にしていたんですね。

日本語カテゴリの最新記事