ファクタリング フリーのスキル 経営改善 財務 資金繰り

フリーランスがファクタリングを急ぐときのお勧め6社を紹介

この記事は、フリーランス(個人事業主)で、次のようなファクタリングサービスを探している方に向けて書いています。

  • フリーランスでも利用できるサービス
  • 最新の技術で素早く業務を行う仕組みを作っているサービス
  • なるべく手数料率が低いファクタリングサービス

ファクタリングサービスでは、入金日前の請求書を、手数料を差し引いてすぐに買い取ってもらえます。
このファクタリングのサービスを「利用したいな」と考えている方は、現金が急に必要になった方がほとんどです。

フリーランスに対応するファクタリングサービスは、最近増えてきています。
「だけど、サービスを提供している会社が多くて、各サービスで書いてあることもバラバラで、結局どこの会社を選んでいいか分からない…。」
って、なっていませんか。

この記事を読めば、フリーランスの人が請求書を急いで現金化したいときに、たくさんある情報の中から、どこを見ればよいか分かります。

フリーランスが請求書ファクタリングを急ぐときに優先したいこと

フリーランスの人が、急いで現金化したいときに見ていただきたいポイントは次の内容です。

ポイント

  • 2社間取引を取扱っていること
  • オンラインで申込みから契約まで全て完結すること
  • 提出書類が少ないこと
  • 手数料率がなるべく低いこと

もちろん、会社情報(法人名、住所、代表者、サービス開始時期等)をきちんと表示している中から選ぶのは絶対ですが、当然クリアしていなければならないチェックポイントは、この記事では省略します。
(この記事で紹介している6社については、記事内に会社情報も載せています。)
フリーランスがファクタリングで確認するべき点については、以下の記事を確認してください。

それでは、ポイントについて順番に見ていきましょう。

POINT1 2社間取引を取扱っていること

請求書を元に売掛金を買い取ってもらう、買取型ファクタリングには、「2社間取引」と「3社間取引」の2種類があります。

2社間取引は、あなたとファクタリング会社の2社だけで契約を進めます。
一方、3社間取引は、買取ってほしい請求書を発行した会社(取引先)に連絡して、請求書をファクタリングのサービスで買取ってもらうことを了承してもわなければなりません。3社が契約に関わるので、3社間取引というのです。

3社間取引を行うと、2社間取引よりも相対的に手数料率が下がるというメリットがありますが、3社間取引は2社間取引と比べて、契約してお金を振込んでもらうまでに時間がかかります。
また、取引先にファクタリングサービスを利用することが知られてしまうので、その結果、今後の取引に影響を与えるかもしれません。

現金化をとにかく急いでいるときは、2社間取引を選択したほうがスムースに契約を進められます。
「現金振り込みが何日か遅くなってもいいし、ファクタリングサービスを利用することが取引先に知られてしまっても問題ないよ」
という方は、3社間取引を利用したほうがいいので、この記事を読むのはここでやめてしまってもよいでしょう。

POINT2 オンラインで申込みから契約まで全て完結すること

一般的な申込から振込までの手続きは、次の通りです。

1.ネットから申込

2.見積もり

3.審査

4.契約

5.振込

これら全てをオンラインで対応しているサービスは、対応が早いです。
オンライン対応していない場合、この中で一番時間がかかるのは、「4.契約」です。
オンラインに対応していないサービスだと、契約書に印鑑を押して、郵送する必要があります。
もしくは、郵送より早く対応してもらうために営業所まで出向く必要があります。

サービスがクラウドサインなどの電子契約に対応している場合は、タブレットやスマートフォンで契約できます。
「電子契約」と聞くと難しそうに聞こえますが、①メールのリンク先に表示された契約書を読んで、②問題なければ契約するボタンを押すの①②だけです。
LINEを使えるレベルでスマートフォンが使えているのであれば、それほど難しくはありません。

電子契約では、あなたが契約ボタンを押したことは、すぐにファクタリング会社に案内されます。ほんの数分の作業です。
押印して郵便することも、こちらから出かけていく必要もありません。

電子契約を使わずに、ネット上で審査が完了したときに自動的に契約が完了するサービスも増えています。

急ぐのであれば、クラウドサインなどの電子契約サービスや、ネット上で審査が完了したときに自動的に契約が完了するサービスを利用しましょう。

ホームページ上に「オンライン対応」と記載しているサービスで、審査までをオンラインにして、契約締結は以前どおり紙と押印でやっているようなところもあるので気を付けてください。
今回紹介している6社は、契約もオンライン対応しています。

POINT3 出書類が少ないこと

ファクタリングで速やかに入金してもらうコツは、必要書類について、申込前からあらかじめ揃えておくことです

一般的なファクタリングサービス会社では、フリーランスの審査や契約を行うときの提出書類は次のものが必要です。
書類として提出する場合は、原本でなく、コピーを提出します。

  • 本人確認書類(免許証等顔写真があるもの)
  • 請求書
  • 通帳
  • 実印
  • 確定申告書

上記のうち、電子契約をする場合、実印は必要ありません。

サービスごとに、提出を求められる書類は異なります。
請求書だけを揃えれば良いサービスもあります。
提出書類を少なく済ませたいのであれば、その観点でサービスを探すと良いです。

POINT4 手数料率がなるべく低いこと

早く現金化してくれさえすれば、それでいいのかというと、もちろんそんなわけないです。
当然のことですが、手数料が安いこともサービスを選定するポイントとなります。

2社間ファクタリングの手数料率の相場は、平均10.0~20.0%くらいです。

手数料率は非公表としている会社が多く、
特に手数料率の上限については公表していない会社がほとんどです。

しかし、最近は競争の激しさから、手数料率の上限を記載して、しかもその手数料率の上限を10%とする会社が増えてきました。
この記事を書いている2021年10月24日現在では、そうした安めの手数料を設定するところは大手であることが多いです。

最大手数料率をはっきり書いているところは、審査に厳しいことを意味します。
利用する側としては、審査が甘そうなファクタリングサービスを探すのではなく、しっかりした取引先の請求書を審査に出すことが重要となってきます。

 

それでは、上記の4つのポイントに合致するファクタリングサービスを6つをご紹介します。

Easy factor(イージーファクター)

2社間取引対応 完全オンライン対応 提出書類 手数料率 事務手数料
確定申告書
請求書
通帳のコピー
2%~8% なし

完全オンライン対応により、請求書を送るだけで最短10分でお見積りが可能なサービスです。
買い取り額は10万円~5,000万円まで対応しています。この記事で紹介しているサービスの中では、一番買取上限額が高い設定です。

面談はZoomを利用して行い、契約締結時にはクラウドサインという電子契約サービスを利用します。これらのツールはすべて無料でも使用できます。
申込から契約まで、すべてスマートフォンで対応可能です
名前の通りeasy(イージー)な手続きを追求したサービスです。

振込手数料などの事務手数料について負担する必要がなく、良心的です。

企業概要

会社名 株式会社No.1(ナンバーワン)
代表 代表取締役社長 社長執行役員 辰巳 崇之
本社 〒100-0011 東京都千代田区内幸町一丁目5番地2号 内幸町平和ビル 19階
TEL 03-5510-8911(代表)
設立 1989年9月27日
資本金 5億9,500万円(2021年2月末現在)
上場証券取引所 JASDAQスタンダード
証券コード 3562
認証取得 ISO/IEC 27001
事業内容 情報セキュリティ機器の企画開発・製造・販売及び保守事業
情報通信機器・OA関連商品の販売及び保守事業
主要取引先 東日本電信電話株式会社
西日本電信電話株式会社
シャープマーケティングジャパン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
京セラドキュメントソリューションズジャパン 株式会社
株式会社 クレディセゾン
NTT・TCリース株式会社
オリックス 株式会社
株式会社 ハイパー
アスクル 株式会社
取引先金融機関 みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、横浜銀行、商工中金、きらぼし銀行、愛媛銀行、北陸銀行、千葉銀行

 

yup(ヤップ) 先払い

 

2社間取引対応 完全オンライン対応 提出書類 手数料率 事務手数料
〇(面談なし) 取引先に送付済みの請求書
顔写真付き身分証明証
10% 振込手数料(250円)

手数料率を10%に固定しているところがこのサービスの特徴です

最低1万円から申請が可能で、請求書の金額が少額の場合に利用しやすいサービスです
初回の利用限度額は最高10万円ですが、期日内の返済や複数回利用により信用度が高まると、
次回以降の利用限度の上限額が引き上げられます。

手続きはすべてオンラインで完結となるため、面談や書面でのやり取りは一切不要です。
最短60分で審査と振込が完了いたします。
MisocaやMoneyForwardといったクラウドサービスと連携して請求書を提出することができて便利です。

デザインがひときわシンプルであり、手順も簡潔であるところと、審査スピードがポイントです。

企業概要

会社名 yup株式会社
代表 代表取締役社長 阪井 優
所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル3階(インキュベイトファンド内)
設立日 2019年2月
資本金 4億4,891万2,129円
加盟団体 一般社団法人Fintech協会
フリーランス協会
事業内容 BtoB決済サービスの提供、与信モデルの企画・開発・運営
認証取得 ISO/IEC 27001
取引先金融機関 三菱UFJ銀行、三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行、静岡銀行、西武信用金庫
住信SBIネット銀行・セブン銀行・GMOあおぞらネット銀行・楽天銀行

nugget(ナゲット)

2社間取引対応 完全オンライン対応 提出書類 手数料率 事務手数料
〇(面談なし) 請求書
エビデンス(取引の証拠のこと。取引先とのメールや発注書など)
10% 振込手数料

フリーランス・個人事業主限定の請求書買取サービスです。
請求書と取引のエビデンスをアップロードするだけで、Web完結・最短60分で資金調達が可能です。
開業したばかりでも利用可能です

1万円~の少額買取にも対応しています
買取の上限額は、最初は10万円ですが、通帳、確定申告書の書類や公共料金の領収書をアップロードするなどして信用タスクをこなすと、買取の上限額(+)が上がる仕組みになっています。
初回の利用でも、信用タスクを上げるとことで上限額を39万5千円までにはもっていくことが可能です。

手数料率は10%に固定してあります。

東証一部上場企業であり、複数のモバイルサービス事業を展開する株式会社セレスが運営するファクタリングサービスであり、申し込み、審査など手続きの面倒さを徹底して省くようにサービスが設計されています。
対面での面談も不要、決算書や開業届などの面倒な書類も不要と、煩雑な手続きは一切不要です。

現在会員登録すると、「マネーフォワード クラウド確定申告」(通常月額1,280円)が3か月無料でご利用可能です。

企業概要

会社名 株式会社セレス
代表 代表取締役社長 都木 聡
所在地 〒158-0097
東京都世田谷区用賀四丁目10番1号 世田谷ビジネススクエア タワー 24階
設立日 2005年1月28日
資本金 18億7,774万円(2021年6月末現在)
加盟団体 一般社団法人日本インタラクティブ広告協会
一般社団法人Fintech協会
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会
一般社団法人日本セキュリティトークン協会
日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)
再エネ100宣言 RE Action
一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
事業内容 モバイルサービス事業
フィナンシャルサービス事業

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

2社間取引対応 完全オンライン対応 提出書類 手数料率 事務手数料
〇(電話面談の可能性あり) 運転免許証またはパスポートなど
請求書
入出金明細
確定申告書B一式
1%~9.5% 振込手数料

AIによるスピード審査を実現し、即日買取・即日振込、最短1時間半で入金が可能となっています。

女性経営者によるコンプライアンスを尊重するサービスを謳っており、
女性経営者、女性フリーランスの方々にも利用していただくために、わかりやすさに充填をおいたサービスを展開しています。

手数料の上限を9.5%と設定しており、変な手数料を引かれず明瞭な体系になっています。

ほか、掛け目や債権買取の日数など、他社では言及しない点についてもホームページ上でていねいに説明していて、誠実な対応を心がけていることがわかります
・他社では請求金額に掛け目を利用して(80%~90%)買取額を減らす事例もありますが、PAYTODAYは買取金額最大化のため、掛け目は使用していません。
・他社では通常30~45日先までの債権買取となりますが、PAYTODAYでは最大90日後の債権まで買い取ってもらえます。
(※役務の提供の完了、及び債権金額が確定している場合)

企業概要

会社名 Dual Life Partners株式会社
代表 矢野 名都子
所在地 東京都港区南青山2-2-6 ラセーナ南青山7F
TEL 03-6721-0799
設立日 2016年4月
資本金 インターネット上に非公表
加盟団体 一般社団法人 Fintech 協会
事業内容 不動産仲介、管理事業
ライフスタイル提案
不動産による資産形成コンサルティング
不動産関連メディア・ITサービス事業
宅地建物取引業者免許 東京都知事(2)第99415号
貸金業登録番号 東京都知事(1)第31830号
日本貸金業協会会員 第006154号

QuQuMo(ククモ)

2社間取引対応 完全オンライン対応 提出書類 手数料率 事務手数料
〇(面談なし) 運転免許証またはパスポートなど
請求書
通帳
開業届又は青色、白色の確定申告書一式
健康保険証
1%~14.8% 振込手数料

日本全国対応 パソコン若しくはスマートフォンが手元にあればご契約締結まで可能です。
契約には、弁護士ドットコム社のクラウドサインによる電子契約を採用していて、申込みから契約までスピーディーに進められます。

フリーランス(個人事業主)が利用する場合の提出書類は、次の書類が必要で、用意するのが少し大変であると言えます。
・運転免許証またはパスポートなど
・請求書
・通帳
・開業届又は青色、白色の確定申告書一式
・健康保険証

企業概要

会社名 株式会社アクティブサポート
代表 代表取締役 羽田 光成
所在地 〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-9-12 ニットービル9階
TEL 03‐5957‐5950
設立日 2017年9月
資本金 1,000万円
事業内容 ファクタリング事業・各種コンサルティング事業
取引先金融機関 三井住友銀行 池袋東口支店、みずほ銀行 池袋支店、きらぼし銀行 東池袋支店

 

MSFJ

 

2社間取引対応 完全オンライン対応 提出書類 手数料率 事務手数料
〇(対面不要) 運転免許証またはパスポートなど
請求書
通帳など
3%~10% 振込手数料

株式会社MSFJが提供する、個人事業主に特化したファクタリングサービスです。
クラウドサインを利用した契約を行うので、印鑑は不要です。
対面する必要もなく、契約、入金までスムースです。

10万円~500万円まで買取可能で、即日現金振込可能なサービスです。
この記事で紹介している会社の中では、2番めに買取上限額が高いサービスです。

手数料率も3%~10%と安く設定してあります(この記事では、手数料が低めのサービスばかりを厳選しているので、違いが分かりづらいですが)。

企業概要

会社名 MSFJ株式会社
代表 十和田 和希
所在地 〒171-0014
東京都 豊島区 池袋2-70-11 3階
設立日 2017年09月04日(創業2015年11月01日)
資本金 900万円
事業内容 建築・建設業向け斡旋サービス及びコンサルティング
ファクタリング事業
取引先金融機関 みずほ銀行 池袋西口支店、三井住友銀行 新宿支店、東京信用金庫 本社営業部、GMOあおぞら銀行 法人営業部

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

もくじ フリーランスが請求書ファクタリングを急ぐときに優先したいことPOINT1 2社間取引を取扱っていることPOINT2 オンラインで申込みから契約まで全て完結することPOINT3 出書類が少ないこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ファクタリング, フリーのスキル, 経営改善, 財務, 資金繰り