経営 読書感想

書評 すいません、ほぼ日の経営。

すいません、ほぼ日の経営。を読みました。

ゆるい本かと思って敬遠して今になってしまったんですが、クリエイティブと経営を両立させるために
真剣に頭を使って挑戦する姿をインタビューし、取材したものでした。

今まで読まずにすいません、すごく面白かったです。

「社内を見直す」といったこともクリエイティブの一貫と捉えているんだということを、ビシビシ感じます。

どこの会社でも「社内を見直す」って後回しにされがちです。これを、働きながら最適解を探って発明し続けるって
普段どれだけの量を社内で考えているんだろうと、驚きました。

社内のいざこざの解決に頭を抱えている方に、勇気を与えてくれそうな一冊です。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-経営, 読書感想