書き始めて見えた、読みたくなるブログの書き方

書き始めて見えた、読みたくなるブログの書き方

-shared-img-thumb-PAK73_MBAsawarukey20140312_TP_V

ブログというジャンルの書き方について

私は過去に作家塾を受講し、人並みに文章を書いてきましたが、
ブログには、ブログなりの独特の書き方というものがあります。
ただ読んでいるだけでは気づかなかったことが、書いているとわかってきました。
同じ情報でも、差し出し方で全く価値が変わることがわかりました。
私の文章は、まだまだ美味しそうに出せていなかったです。

参考になったブログ

フリーランスのための一生仕事に困らない本」という本を書かれている、井ノ上陽一さんの、EX-ITブログは、大変勉強になりました。
「情報はどうすれば届くか」ということをとても考えて書いてあります。
参考にすべき点がいくつもありました。 3つ上げると、

・タイトルで、読む価値と結論を全部伝える
・いきなり始めず、本筋の前に概要を伝える。
・各節ごとに見出しをつける。

あと、井ノ上陽一さんのブログにはありませんが、他の人のブログは、長くなるとまとめの節をつける方が多いです。 これも参考になりました。

タイトルは全文のプレゼンテーション

特にタイトルについては、EX-ITのブログをみて、自分のまずさがよくわかりました。
たとえば、私の数日前のブログのタイトルは、こう書くべきでした。

☓エニアグラムで、自分の特性を理解する

○エニアグラムで自分の特性を知ると、自分にあったブログテーマが見つかる

この二つのタイトルは、同じ内容を伝えようとしていますが、読んだ結果、読み手に与える価値は同じではありません。
このブログは毎日更新しています。次のタイトルを美味しそうに出します。
もしタイトルが美味しそうに見えたら、また読んで下さい。
ありがとうございます。

勉強法カテゴリの最新記事