法律が希望になる世の中にしよう

NO IMAGE

「法律の仕事はAI化するだろう」という予見があります。
便利にすることはよいことで、いくらでも便利にすればいいです。

今の世の中のムードを考えるとAIは社会に不安を与えています。

エンジニアではない人にとって、AIは希望を与えてくれるでしょうか?

AIを開発できる技術者が不足しているというニュースもエンジニア以外の人には「うれしくない」トーンで受け止められているようです。

対話式のAIから希望を与えてもらうということも、すぐには難しそうです。
果たしている人どうしで生まれる信頼感をラ・ポールといいます。
AIに信頼を寄せられるようになる時代は、最後までやってこないかもしれません。

わたしたち人間が仕事として取り組むことは、誰かに希望を与えることですね。
どんな仕事でも、それはできるし、それはAIにはできないことだと考えます。
そんな希望を与えるような仕事を目指すことそのものが、その人が働くことの希望となります。
だから私は今日も、人に頼ってもらえるように勉強をするのです。

今日は寒くてキーボードが打ちにくいですね笑

ひとりで働く人のアドラー心理学カテゴリの最新記事