ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

生き直すということ(失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方)

岩井俊憲先生の、失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方を読みました。
絶不調のときにこそ長期的な視野を持つことの重要性を説いています。それだけでなく、
10メソッドという、緊急の危機を回避する具体的な方法も紹介されています。

心理学の目的は、安心立命を得ることであって、この本ほどその目的を果たしているものはありません。
不安を抱えるビジネスマンに最適です。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学