ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

生き直すということ(失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方)

岩井俊憲先生の、失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方を読みました。
絶不調のときにこそ長期的な視野を持つことの重要性を説いています。それだけでなく、
10メソッドという、緊急の危機を回避する具体的な方法も紹介されています。

心理学の目的は、安心立命を得ることであって、この本ほどその目的を果たしているものはありません。
不安を抱えるビジネスマンに最適です。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学