生き直すということ(失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方)

生き直すということ(失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方)

岩井俊憲先生の、失意の時こそ勇気を―心の雨の日の過ごし方を読みました。
絶不調のときにこそ長期的な視野を持つことの重要性を説いています。それだけでなく、
10メソッドという、緊急の危機を回避する具体的な方法も紹介されています。

心理学の目的は、安心立命を得ることであって、この本ほどその目的を果たしているものはありません。
不安を抱えるビジネスマンに最適です。

ひとりで働く人のアドラー心理学カテゴリの最新記事