心理学

悩みを聞くことより、価値観を聞き出す

「街の法律家」という仕事をしていますが、
結局は悩みを聞くことに尽きると考えます。

お客さんの悩みに、自分の持っている知識・人脈を総動員して論理的な解決に導くことが仕事なんだとわかります。

そして、ストレートに悩みを聞き出そうとすることより、
まず優先して聞くべきことは、
そのお客さんが、人生で大事にしている価値観です。

そのお客さんは、利益を出して安心したいのか。
勝ち誇りたいのか。
楽しく生きたいのか。
仲間と仕事がしたいのか。
任された仕事をきっちりしたいのか。
できるだけラクがしたいのか。

それを聞き出さないことには、導く答えは分かりません。

おもえば、価値観を聞き出すことは、
心理カウンセリングと全く同じでしたね。

やはり、この世に必要のない知識はありません。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-心理学