ひとりで働く人のアドラー心理学 心理学

末っ子気質であること

15人で、こんなグループワークをやった。
最初の子、あいだの子、末っ子でグループにわかれて、自分たちのメリットとデメリットを話し合った。

話し合いの結果をホワイトボードにまとめるとき、
私はホワイトボードの半分くらいを使って書こうとして、
それこそが末っ子なのよと、お姉さんのグループから突っ込まれた。
長男や長女は、まずホワイトボードを3分割して書き始めるものなんだそうだ。
すごく納得した!

自分が講師の時は、ホワイトボードは自分だけのものだから、迷うことは全然ないんだよね。
「そうか、自分って共有ベタなんだ!」と気付かされました。

よく読まれている記事

1

「デザイナーのためのgit入門(初級編)」終了しました インタラクトテクノロジー株式会社さんにご協力をお願いして、「デザイナーのためのgit入門(初級編)」 のセミナーを行いました。 gitというバー ...

2

明日は、デザイナー向けに、PhotoShop、Illustratorの管理をする方法をお伝えするセミナーを行います。 SourceTreeを使ったGIT管理方法をお伝えします。 Gitで管理しないデザ ...

3

EPUBの規格について EPUBって? EPUB(イーパブ)は、国際電子出版フォーラム(International Digital Publishing Forum、IDPF)が策定した、オープンフォ ...

4

「内向型人間のすごい力」の本 アドラー心理学・ヒューマン・ギルドの岩井俊憲先生が、『内向型人間のすごい力 ー 靜かな人間が世界を変える』という本を紹介されています。 http://blog.goo.n ...

-ひとりで働く人のアドラー心理学, 心理学