お知らせ

メールマガジンを復活させしました。

お名刺を交換させていただいた方にはすでにお送りしておりますが、
今週からメールマガジンを復活させました。

書くことは苦痛ではないので、毎日早起きして何かを書いています。

ブログ、メルマガ、電子書籍に限らず、秘訣は量だと思います。

スクール講師をしていた時に「1000時間やればプロになれる」ということをよく話していたんですが、その考えは変わりません。
1000時間やればそれなりになります。

もちろん、ただ机に座ってればいいというのではなく、試行錯誤した上での1000時間である必要があります。

量を作っていくためには、継続するリズム感が大事だと感じています。

「継続するリズム感」については、ほぼ日の學校でのタナカカツキの話がとても参考になりました。

というか、タナカカツキさんのアイデアに、私は衝撃を受けたのです。

努力に結果が伴っていないクリエーターのよい刺激になるのではないかと思います。
よろしれけばご覧ください。

よく読まれている記事

1

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、個人事業主に向けた、お金のやりくりを向上させる話です。 もくじ 5年後に笑って振り返れるように資金繰りをしよう資金繰り ...

2

こんにちは、IT行政書士の坂本倫朗(@sakamotohitori)です。今回は、「経営難に陥る会社には共通点がある」という話です。資金繰りを良くしたいとお考えであれば、この記事で紹介していることとは ...

3

契約書に数字を書くときのお作法 始めて契約書を書く時は、ひな型をダウンロードして参考にするとよいですが、 それでも、最初は「何が正解か」「どこまでなら変えてもよいのか」 が分からず、戸惑います。 そこ ...

4

契約書の書き方で難しい、「契約書のあそこの部分について」を指し示すときの書き方をまとめます。 法律は条、項、号、という順番になっています。契約書もそれに合わせて書きます。 この辺の話は以下の記事にまと ...

-お知らせ