ひとりで働く人のアドラー心理学

2/7ページ

本を読んでELM講座のアイデアが出た

実務書をたくさん読んでいると、ある程度で知識は頭打ちになります。 いや、知識は増えるんだけど、読むだけでは質が上がらないという感じ? 行動しなきゃ読書もあんまり意味がありません。 と、言いながら読んでます。 19歳から本を読んでしまう体になってしまっているのだから、しょうがない。 といいながら、今日読んだ本の思いもよらないところから、アドラー心理学講座(ELM)の提案先を見つけて興奮しました。 つ […]

アドラー心理学は、フリーランスを続けていきたい人にこそお勧めしたい心理学です

私はフリーランスを14年間続けています。 フリーランスを続けていくには、周囲との協力も大切ですが、 それと同じくらい、心の調整が大切です。 心の調整が上手でないと、フリーランスは続けられません。 フリーランスの心の調整について、「アドラー心理学」を活かす方法について記します。 フリーランスは内面との戦い フリーランスには、もちろんいい面もたくさんあります。 自分で決められることが多いのは、一番の魅 […]

性格、人格、気質を、アドラー心理学はどう見るのか

随分前に「性格、人格、気質」のことを書いたのですが、 「アドラー心理学では、性格、人格、気質をどう考えるのか?」 という質問を受けたので、答えます。 「性格、人格、気質」ふたたび 上記の「性格、人格、気質」というワードは、心理学で共通して使っている基礎用語です。 でもネットに載ってないよね。 性格、人格、気質の違いについて レポートのためにこのページを見に来た学生さん! ウェブサイトをみるより、本 […]

離婚について、メールサービスを始めました。

坂本倫朗行政書士事務所において、 離婚についてのメールカウンセリングサービスをリリースしました。 離婚の危機に追い込まれている男女に、カウンセリングを行い、 離婚が必要な場合は、法律的なアドバイスを行います。 【2018/05 メールサービスはただいま休止中です。離婚後の生活向上をテーマに準備中です】 どうぞよろしくお願いいたします。

気力について

出典が不確かだけど、谷沢永一さんが書いたものの中に「鬱になったら読書をする気力もおきない。読書をする気力というのは相当なものだ」というような文がある。 それを読んだときは、まだ20代の若いころだったと思うけど、びっくりした。 気力が、そこまでなくなったりすることを知らなかったのだ。 それからは、気力に個人差があることを忘れないでいようと思った。 気力は数値化できないけど、はっきりと目に見える。 気 […]

「動的平衡」とアドラー心理学の全体論について

動的平衡(木楽舎)福岡伸一 という本が、面白かった。 「一つの命も、それから地球と言う自然環境も、絶え間なく全体のバランスをとることで成り立っている。 自然科学は、iPS細胞にみられるように、機能的、部分的に考えることばかりするので、その考えで発展するとバランスを崩して取り返しがつかなくなるんじゃないか」と警鐘をならす本でした。 動的平衡という考えは、よく考えたら、これはアドラー心理学の基本理論に […]

カウンセラーは、ひたすら驚かないで聞こう

カウンセラーには鉄則があります。 「カウンセリング中に、クライアントを決して批判してはいけないこと。」 これは、予想以上に難しいことだと思います。 相手が、倫理的・道徳的に問題があることを話したとき、 カウンセラーでも驚きます。 「何度も死のうと考えた」 「あいつのことを本当に殺そうと考えたことがある」 ということを聞くと、つい、 「そんなことは、どうか考えないでください!」 と、発言したくなりま […]

アドラー心理学を実生活に活かす30のこと

という本を書いてます。電子書籍です。 本当は去年の年末に出す予定でしたが、何度も手直しして現在に至ります。 パソコン上で何度も手直ししたのに、紙に印刷してみると、ビックリするぐらい赤が入るから不思議。 作家さんのように二週間で一冊を書き上げたりできるようになりたいけども、まずは目の前の一冊を。

Love Movie Plus:恋愛映画で学ぶアドラー心理学トークセッション

アドラー心理学講師の坂本です。 土曜日はアドラー心理学のイベント、「Love Movie Plus:恋愛映画で学ぶアドラー心理学トークセッション」 の一回目を行いました。 https://www.facebook.com/events/1258459360891198/ 夫婦再生コンサルティングのエミリー、 恋愛マスターのぴかりん そして私の3人が映画「ブリジット・ジョーンズの日記」を元に アドラ […]

1 2 7