25/40ページ

25/40ページ

経済を学ぶということ

黙々と行政書士事務所の準備とコンセプト固めを続けています。 一人もくもく会です。 ITの世界でもやっていたことですが、 行政書士事務所でも、何がやりたいかと言われたら、「技術を伝えること」をやりたい。 私は心理カウンセリングも行いますが、 「芸は身を助く」ということわざにもあるように、 ストレスに抗ったり、 逆境を乗り越えるときに必要なのは、 最終的には慰めだけではなく、 知識や技術がその人に備わ […]

離婚について、メールサービスを始めました。

坂本倫朗行政書士事務所において、 離婚についてのメールカウンセリングサービスをリリースしました。 離婚の危機に追い込まれている男女に、カウンセリングを行い、 離婚が必要な場合は、法律的なアドバイスを行います。 【2018/05 メールサービスはただいま休止中です。離婚後の生活向上をテーマに準備中です】 どうぞよろしくお願いいたします。

業績の調子が悪い時も受け入れる

フリーランスを長く続けるコツは何だろうかと考える。 結局、見栄を張らないことなんだろうと思う。 僕はウェブ制作と、プログラミングの受注産業をやってきた。 受注産業は安定しづらい。 調子のいいときも悪いときもある。 大きいプロジェクトばかりになってしまうと、ピンチになる。 二か月無収入で、三か月後に200万入るような生活だ。 そして、僕は入れば学習につぎ込んだ。 そのおかげで今がある。 「お金がない […]

ゲームから学べること

ゲームと言われてどんな風景を思い出しますかと言われたら、 電車で、スマートフォン相手に一人で遊ぶ光景を思い浮かべる人が多いんじゃないだろうか。 そして、ゲームの代表格がこのような形になってしまっていることを、僕は残念に思っている。 今のソーシャルネットワークゲームのような大規模な開発をする力もないけど、 仮に有名なコミックキャラクターのライセンス協力と開発力があってもやらないだろうな、と思う。 し […]

面白がれているかどうか

大学の時は法律と経済を勉強するようなところだった。 僕は「雨が降ったら学校はお休みにする」というルールを持っていて、 あまり学校に行かない不真面目な生徒だった。 それでも、晴れたら学校に行くのだった。 当時の僕は、作曲をするためのYAMAHAのモバイルシーケンサーを持ち歩いていた。 学校で、なんとなく仲良くしていたグループに見せたとき、 「そんなに役に立たないものを持ってどうするのだ」 と言われた […]

男同士ということ

男は、男の友達を作るのが難しいはずだ。 「はずだ」というのは、自分を基準にしているからなんだけど、 他の人を観察していても、多分そうなんだろうと思える。 たとえば、待ち合わせであった時や、別れ際に、 男同士で手を振るのは気恥ずかしい。 相手が女性ならもう少し遠慮がなく手を振れる気がする。 長い付き合いでも、「どうも」とか言ってみたりする。 男同士だと、距離感を簡単に縮められない。 相手のプライドを […]

初めての人に、会いに行くことについて

本気で講師になりたいので、人に会いにいくことを始めました。 履歴書を書いて、オーディションに行きます。 企画書も用意します。 それまでも講師をしてはいましたが、一生のほとんどをパソコンを見て過ごしてきたので、ほとんど人と話さずに生きてきました。 新しい人と会うのは、緊張します。 facebookやウェブサイトで相手のことを伺うことはできますが 実際のテンションや感覚タイプなどは、会ってみるまでわか […]

貧すれば鈍するということ

自分ではなかなか気づかないが、ズボンのすそにたるみがあったり、姿勢が悪くなることで、 見た目は確実に悪くなる。 見た目が悪い状態でパーティーに出席すると、場が荒れてしまう。会場に落ち着きがなくなるのだ。 見た目が多少悪くなっても「まあ、いいや」と思っていると、次からパーティーにはよんでもらえなくなる。 これが大人のルール。 こういうルールは、しんどいものだ。 「ルールを守らないと大人として扱わない […]

情報を取り交わすこと

行政書士の実務を学ぶ講座で、数名の懇親会に行ってきました。 行政書士になろうという人はまじめで勉強好きなイメージでしたが、 参加したメンバーは活動的な人が多く、刺激を受けます。 みんな元気で威勢がよく、声がでかいので、声を通すためにさらにでかい声で話をするというループ。 私も久々に大声を出しました。 実務家養成講座なので、繰り出される情報は専門的な内容。 「あなたは何を専門にするのか」とか、 「資 […]

気力について

出典が不確かだけど、谷沢永一さんが書いたものの中に「鬱になったら読書をする気力もおきない。読書をする気力というのは相当なものだ」というような文がある。 それを読んだときは、まだ20代の若いころだったと思うけど、びっくりした。 気力が、そこまでなくなったりすることを知らなかったのだ。 それからは、気力に個人差があることを忘れないでいようと思った。 気力は数値化できないけど、はっきりと目に見える。 気 […]

1 25 40