24/44ページ

24/44ページ

契約書を読むといいことがある

契約書はめんどうなもの、でした わたしは法律経済という学科で学びましたが、その時は、まさか法律の世界に進むとは思っていませんでした。 卒業後は現在も含め、長くフリーランスで働いていますが、契約書も請求書作成も「めんどくさいもの」として扱っていました。 契約書作成は、今はクラウドサイン を使えるので、自分から書く場合でも印刷も印紙も郵送も要らず、以前ほどのめんどくささはありません。 むしろ、積極的に […]

IT

neoの勉強会に行きました

Ginco Salon #2:Tokyo NEO Coding Day-トークン発行とトークンセールに行ってきました。 https://ginco.connpass.com/event/79449/?utm_campaign=event_message_to_selected_participant&utm_source=notifications&utm_medium=ema […]

フリーランサーに仕事を依頼するときは勉強が必要です。

ウェブサイトの制作を外注に出すときは不安だらけ 始めてウェブデザイナーにウェブサイトの制作を外注するとなったら、不安になりますよね。 そもそも、誰に頼めばいいか分かりません。 誰か見つかったとしても、いくら用意すればいいのか見当がつきません。 何を用意すればいいかも分かりません。 知らないことだらけです。 すぐ思いつくのは、契約書による契約の締結と、スケジュール管理です。 でも、それだけでは足りま […]

命名するときのしつこさについて

サイトの名前を命名しました MEIMEIです。 ダジャレではありません。 私は個人事業主で、ひとり社長です。言い換えると、フリーランス。 この働き方をする人だけではないですが、フリーランスは自分の性格をよく知っていないと働けません。 働き方以外に、それぞれ銘々が自分のことを知るきっかけにしてほしいという思いもあって命名しました。 名前を考えるツールはメモノートが向いてます 命名するときは、パッと出 […]

第2回シーコンカンファレンスに参加します

第2回シーコンカンファレンスに参加します。 といっても、聴講するだけなので気楽な会です。 クラウドサインなどのクラウド系アプリの会社が一堂に会し、それぞれがちょっとずつお話しするイベントです。 何か新しい情報をもらえればいいな。 しかし、マーフィーの法則的に、セミナーの予定を入れると、用事が入りますね。

確定申告はどっちが良かったのか・・・

前にも書いた通り、e-taxを使った確定申告はすでに済ませました。 確定申告終わりました。 しかし、今年度からは青色申告に切り替えるので、青色申告承認申請書を出しに板橋区の税務署に行ってきました。 税務署について驚きました。その行列の多さ。前の納税地では見なかった光景です。 どうやら、職印さんにアドバイスを受けて、その場で作成しようという方々の列のようです。 私は今年の確定申告をe-taxで書き、 […]

確定申告終わりました。

確定申告の相談には乗れない行政書士ですが、自分の分の確定申告はやってます。 今年は最後の白色です。 来年からはfreeeを使っての青色申告になります。 確定申告は年一回なので、毎年忘れますね。 生命保険の新旧の判別は、もう少し親切にしてほしいところです。 一年たつと悲しいぐらいに忘れているので、何が何だか分からない。 今年はひとつ、目新しさがあり、マイナンバーを使っての電子申告をしました。申告書作 […]

アナログの方が考えつづけられる

楽に考える仕組みを作る 昨日のつづきです。 メモノートに変えましたが快適です。 ノートを書く仕組み全体も、考えてちょっと変えました。 todoにしろ、メモ書きにしろ机に何かしら昨日の書きかけのものが残っているとテンションが下がります。 それをどうやってなくすかを考えたのです。 A4用紙はまとまっていない考えについて、考えながら書くのにはちょうど良く、活用する本もいっぱいあります。 でも考えを巡らせ […]

楽に考える仕組みを作る

なるだけダビンチのようにたくさんノートを残して死にたいと思うのですが、自分なりのメモをする方法については、いまだ模索中です。 特に、外に出た時に、何にメモするかについては決まった答えが出ていません。 これまでジョッターというものを使って、メモを取るようにしていました。 ジョッターとジョッター用の紙は薄いです。スリムなので、スーツの胸ポケットにも入れられます。 でも、私は書くことで頭が動くので、残す […]

目が止まっていないか気をつける

今日はマンツーマンの授業の後、しばらく放心してました。 その後の時間で、いろんな方のブログを読みました。 ex-itの井ノ上陽一さんが、pc•itに強くなるには、目を鍛えることが必要と書いてあるのを読んで、独特な表現とも思ったのですが、たしかに難しいものに触れたとき、目が止まっているなと気づきました。 学習は、深さや明確さを求めるより、まず接する頻度が大事です。だから、一箇所を見て、目を止めたまま […]

1 24 44