44/45ページ

44/45ページ

アイデアを具現化するアイデア。 (フリーランスのための一生仕事に困らない本)

フリーランスのための一生仕事に困らない本 を読みました。 創意工夫をするには、まず創意工夫の仕方を教えてくれる人が、必ず必要になります。この著者は、それができる人です。 やることはシンプルです。書きだした強みを2つ以上かけあわせる。それだけです。 たとえば、世にプログラマーはたくさんいて、その中で私がプログラマーとして生き残るのは大変です。ただ、私が他の得意なものと2つ以上かけあわせると、・講師が […]

wordpressで、アイキャッチを入れるのに便利なプラグイン2つ

アイキャッチ自動設定プラグイン「Auto Post Thumbnail」 ダウンロード後、 設定>Auto Post Thumbnailを選んで、Generate Thumbnailsのボタンをおします。 このプラグインを導入した後は 記事を投稿した段階で記事の中の画像が アイキャッチ画像として自動設定されるようになります。   カテゴリ別のアイキャッチ設定用プラグイン「Categori […]

脳は差分検出器で、学ぶと精度が上がる

脳は共通しているものより、違っているものを認識しやすくできています。 これを生存本能とみるのも、好奇心によるものとしてもよいですが、 見えている違いを認識することは、誰にもできるので、評価されません。 じつは、多くの悪口は、この「割と簡単な違いの認識」が語られます。 だから、悪口は聞いていて面白くないのです。 悪口がとめどなく出てくる人は、ほとんど脳を使っていないのです。 他の人に見えていない違い […]

戦う姿勢が好きな人間に進める本。「努力の選び方」(井上裕之)

自分に似たタイプの作家の本を持つのがよい、と前に書いた。 井上裕之さん著の「努力の選び方」は、 正義を重んじる、戦って勝つのを由とする人が書いた本だな。という印象を強く持った。 力があり、人を引っ張っていくひとが書いた本だ。 とにかく何かひとつでも勝てるように準備します。 背伸びしなければ成長なんてできっこないのです。 大物を食えたら、さらなる大物を求め、高いステージを求めます。 とか、 結果を出 […]

IT

その気にさせてしまう見た目を作ることについて

navorまとめというサービスを使うと、誰でも簡単に記事がかけます。 navorまとめっぽくない真面目な記事を、naverまとめで幾つか書いてみました。 って、ここで自分の記事を紹介すると規約違反になるようなので、記事は紹介せずに、 記事を書いた結果気がついたことを書いておきます。 1.タイトルは、「~についてまとめ」ではなく、「驚きの言葉+伝える具体的な記事」にする 読んでもらえる記事は、驚きと […]

IT

独自ドメインはアルファベットで。

名刺・ショップカード・ポートフォリオから興味を持ってもらい、ウェブサイトをみてもう機会は、多いです。 相手が見ようと思っても、タイプしづらいアドレスだと、面倒に感じて見てもらえません。 これが、スマートフォンならなおさらです。 自分のsite316.comも、「site316」で検索できますが、この7文字ですらスマートフォンで入力しようとすると、若干面倒です。 スマートフォンで見てもらうのを想定す […]

IT

Skitchに変わるツール、Screenpresso

講師で資料を作るのに、Skitchというキャプチャ用ソフトを長く使ってきたが、不満点が多かった。 ○部分的なキャプチャが楽 ○矩形などの図形を描くのが楽 ☓マウスでドラッグまたはクリックをしてキャプチャをするので、展開したメニューの内容はキャプチャできない ☓キャプチャしたものを複数開けない。 ☓部分をカットするとき、選択範囲が真ん中に表示され、それを動かすしくみで、毎回はめんどくさい。 ☓カーソ […]

タイプ別に自己啓発書を推薦できるのではないか?という生焼けのアイデア

自己啓発書が嫌いだ。しかし、人生の手引となる本は、誰にとっても必要だと思う。 なんで自己啓発書が嫌いかというと、この手の本は一様に、受け手の性格をまる無視した書き方をしているから。「こんな性格の人は、これを読んで下さい」というような書き方でもしてくれたら、少しは著者に理解を示しますが、よりたくさん売ろうとしてか、そんなマッチング条件なんぞ書いてくれる優しい作家は、めったにいやしない。出版はもっと細 […]

エニアグラムとライフスタイル6分類の比較について

マンガでやさしくわかるアドラー心理学 2 実践編の中に、アドラー心理学に基づくライフスタイルの六分類が提示されています。 1:欲張りタイプ 2:赤ん坊タイプ3:人間機関車タイプ 4:自己抑制タイプ 5:興奮探しタイプ 6:安楽タイプ要は、どのように人と接するか、で6種類に分けています。 タイプ別で人間理解をしようというもので、ほかの有名なものには「エニアグラム」があります。呼び方はそれぞれですが、 […]

シンプルな原則をもつから、人は楽観的になれる

認知行動療法の勉強をしました。認知行動療法のカウンセリングにおいては、機能分析というものと、スキーマ分析というものが必要で、機能分析というのは、その人を取り巻く環境や他人との関係性を調べることで、スキーマ分析というのは、その人の認知を調べるのだそうだ。 その分野の方々には、ごめんなさいですが、直感的に、この分析方法では不幸になると感じます。理由は、理論が複雑すぎるからです。理論というより、価値観が […]

1 44 45